フリーランスはこれからの働き方の理想形です

昭和の頃は一度就職した会社には定年になるまで働き続けることが普通の考え方でした。

フリーランス全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

いわゆる終身雇用というものですが、終身雇用の特徴は新入社員の頃は給料が低く抑えられ、長く務めるほど給料が上がっていくことです。
ある意味、この特徴があったからこそ終身雇用の意味もありました。

働く側にしてみますと、最初は給料が低くとも我慢強く働き続けていると必ず給料が上がるという安心感を持つことができました。

しかし、時代が変わり企業は終身雇用を維持することができなくなってきました。理由は、終身雇用というシステムを維持するには莫大なコストがかかるからです。終身雇用が消滅したことで労働者の構成に変化が生じました。

企業における正規社員の割合が減少し非正規社員の割合が増えたのです。現在では正規社員4に対して非正規社員が6となっています。

毎日新聞を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

少ない正規社員ですので企業が正規社員に求める期待度も限度を超えることもあります。
そうしたことが今問題になっているブラック企業の存在と無縁ではありません。
このように働く側にとって有利な環境が減っていきつつある中で働く側の理想の形になりそうなのがフリーランスという働き方です。

フリーランスとは特定の企業に所属することなく仕事を行う働き方です。

つまり、自分の能力をいろいろな企業に売ることですが、フリーランスの働き方の一番のメリットは企業と個人が対等に付き合えることです。仮に、請け負う金額が納得できなかったり満足できないときは仕事を「請負わない」ことも可能です。



もちろん対等になるにはビジネスマンとしてのスキルを高める努力が必要なことは言うまでもありません。